JCとの援助交際

出会い系では、何度かエロいことを達成できている。
出会い系は出会えない系とよく言われるが、そんなことはない。もっとも、相手を選ばなければの話だ。僕がエロいことまでこぎつけられた相手は、業者や援助交際を覗くと、ほぼメンヘラだった。
メンヘラでもそこそこに見れるルックスでマンコがあればそれでいいのかも知れない。が、手首にリストバンド巻いていたり、常に虚空を見ているような女性相手だと、こちらも気を使ってしまって会話もちぐはぐになりやたらと疲れる。好きでメンヘラやってるわけではないのだろうが、そう言うのはだいたい一度きりのやり捨てだ。
以前に出会い系で出会いを果たした女性もまた、ご多分に漏れずメンヘラだった。彼女は20代半ばくらいで美人ではなくてどちらかというとブサイク寄りではあったが、援助交際ではなくてフリーセックスに応じてくれた女神のような存在だった。まあ、僕より体重がありそうな女神ではあったが。
そんな彼女に「JCとの援助交際とかする人?」と聞かれた。
何聞き出したいんだろう?と思いながらも「JCとは怖いからやったことない」と言うと「あーやっぱりJCとの援助交際やりたい人なんだー」と勝手に決められた。
JCとの援交
そして「じゃあ私をJCだと思ってやっていいよ」と言ってきた。まあ、このブサカワちゃんにもJCだった時代があるわけで。
「私がJCの頃は、年上の男と付き合ってる子は結構いたんだよね。それ見てうらやましいなあとは思っていた」
なるほど。JCとの援助交際は決して褒められたものではないが、大人へのあこがれをそういう形で表現しているJCもいると言うことなのだろう。
そんな女の子が当時は周りのように援助交際に踏み切ることができず、10年後に当時の夢を果たすためにこうしてフリーセックスしている。そう考えながら元JCを抱くのも悪くはない。じゃあ、名前で呼ぶから、JCの頃の呼び名を教えてくれる?と聞くと、彼女はちょっと考えてこう答えた。
「えーと、うんこたれ子だったかな。ウンタレって呼ばれてた」
・・・間違いなくいじめられっ子だったよね・・・と複雑な気持ちを抱きながら、僕はウンタレの当時の夢を叶えてあげましたとさ。
お金くれるパパ
パパ活掲示板

error: Content is protected !!